普段から庭園管理でお邪魔しているお客様の剪定作業です。

大和屋 剪定

今回は赤松の剪定を。

大和屋 剪定

この地方では珍しい門被りの赤松です。

門被りの松は黒松が多いのに、赤松を持ってくるあたり、作庭家さん(大和屋ではありません)のセンスが素敵です。

赤松はやはり幹が特徴的なので、そこが注目されがちですが、僕は優しい枝ぶりが大好きです。

大和屋 剪定

黒松は「雄松」

赤松は「雌松」

と言われるだけあって、黒松より枝が細く優しい印象ですね。

上の写真では幹が赤くなっておりますが、これも手作業で皮を剥いています。

大和屋 剪定

こちらは幹肌を剥く前です。

手間は掛かりますが、仕上がった時の美しさは流石赤松ですね。

大和屋 剪定


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。