とうとう東海地方も6/10で梅雨入りしてしまいましたね…

 

雨ばかりのこの時期、我々庭師はと言うと、

基本的に現場は休みが増えてしまいます。

剪定しても雨で掃除が大変になりますし、

セメントを触る仕事だと、雨でセメントが流れしまい

表面の仕上げが出来ません。

困ったもんです…

 

天気に左右される仕事が故に致し方ありませんね。

そんな時は、パソコンに向かい今後の造園や外構の計画です!

何分一人でやってるので、どうしても日々の現場作業の追われがち…

現場が出来ない時は事務作業の大和屋です!

 

 

では、石張りの続きです。

前回の作業から少し進んで

板石延石貼り方

板石延石貼り方

折り返し地点までです。

駐車場のアプローチから、「離れ」「母屋」「新屋」まで

三つの建物を結んでいくので、勾配設定がかなり頭を使うポイントです。

「歩きやすいこと」が一番ですから。

変な傾きがあると歩いていても違和感を覚えます。

お客さんのライフスタイルなどが変化していっても、

使いやすいことが絶対条件だと大和屋は考えています。

その上で、デザイン的な遊び心が発揮できればありがたいですね。

 

板石延石貼り方

一旦ここまで整形の石材はストップです。

順番に仕事を進めていきたいと思いますんで。

 

板石延石貼り方

こちらは駐車場側から見た写真。

この後は歯抜けしている隙間を乱貼りしていきます。

 

楽しくも難しい仕事が、この後僕を待っています…

晴天が続くことを心から願います!

カテゴリー: 石工事

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。