こんばんは

 

駐車場の石貼りも終盤を迎えてきました

目地込み前

加工する部分も終わって、

残るは「目地込み」作業です

 

今回使用した石材は、だいたい同じ大きさなのですが、

大きいものと小さいもので10mmほど誤差があります

それを吸収する為に今回は15mmの目地幅を設定しています

10mmの目地幅だと、今回の場合は石と石がぶつかってしまい、

施工するのが大変困難です

最悪の場合、石を切らないと入りません

本当は20mmの目地幅にしてもいいのですが(その方が楽です)

今回は石貼りの意匠には合わないので、拘りのポイントなんです

20mm目地だと何となく間延びしてしまうんです

 

目地込み作業に使用するのは

目地鏝

3mm〜12mmまでの幅の目地鏝です

これを使用して、地道に石と石の間にモルタルを入れていくんです

 

目地も石のツラまで入れてしまうと、石の立体感が薄れてしまうので

天端から5mm下がりにしていきます

 

それ以上深くしてしまうと、

女性が細いヒールなどで歩く際に目地にヒールが入り込んで危ないですし、

目地にゴミや砂が溜まって掃除が大変になってしまうんです

 

目地込み中

こんな感じです

 

これを延々と…

一人で…

頑張ります!

 

カテゴリー: 仕事

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。