滑稽な光景

この画像はタイトルとは関係ありませんが、先日の剪定現場で見かけた仲間たち。

皆んな必死でヌスビトハギ(通称くっつきむし)のタネを取っているところ。

大の大人3人が排水溝に並んでタネを取っている姿があまりに滑稽だった為盗撮してみました。

なぜ排水溝でタネを取るか、それはタネを土に落とせばそこからまた発芽して翌年さらに悲惨なことになるからです。

ヌスビトハギにお困りのお客さんは是非タネができる前にヌスビトハギを駆除することをお勧めします。

それだけで根絶できますよ。

 

 

今回お邪魔したのは、企業本社の植栽帯管理。

今回で四回目になります。

昨年の6月に初めてお邪魔して11月、今年の6月と10月で四回目となります。

元々は棒ガシだったのを自然な樹形になるようにしています。

剪定後 剪定後

今回の成果がこちら。

以前より枝かずを減らすことが出来ました。

 

剪定後

カシ剪定後

こちらは以前の施工後。

ほぼ同じ時間に撮った写真ですが太陽光の入り方がだいぶ違ってきているので、今回施工後の写真はだいぶオレンジ掛かっているので分かりづらいですね…

より良い樹形になるように管理していきたいと思います。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。