年明けは剪定がメインになるのが大和屋の常です。

年末の怒涛の剪定ラッシュが続いても、まだまだ続きます。

 

今回は昨年にご依頼いただいていたマンションの剪定です。

マンションなどの植栽はやはり常緑樹が多いですね。

剪定前

何年か前に地際で切られていて、意図的ではないと思いますが「切りぶかし」されています。

切りぶかしは、大きくなりすぎた植木などを地際で切って株立ちにする事です。

樹種によっては基本的に一本立ちの木が多い植物、例えば

・常緑ヤマボウシ

・クロガネモチ

・楠

などを、株立ちに仕立てる時などにしたりもします。

今回は、大きくなりすぎたケースかなと思われます。

 

前回の剪定から一度も手が入っていない株立ちになので、とにかく株数が多いです。

10本立ち以上になっています。

剪定後に形よくなるよう取捨選択して、

カシ 剪定後 くすの木剪定後

午後からの作業なので、今日は暗くなる前にここまでで終了です。

 

その後は

外構スタート

今日から始まった外構工事の様子見へ。

こちらも追って報告していきますね。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。