多胡石

先日お邪魔したお宅の玄関ポーチのしつらえが格好良すぎて…

たまりません!

重厚な木製のドアと、今ではあまり使われない渋い色の壁面タイル、そして何より左側の石材の壁!

格好良いですね。

お客さんに確認してみたら「多胡石」という石材らしいです。

調べてみたところ群馬県が山地の砂岩のようです。

綺麗にカットされたものを、ブックマッチで合わせて貼ってあるあたり昭和の良い建築物って感じがして大和屋好みです。

 

 

そんなこちらのお宅は松が大小含めて4本あります。

今年は夏にも剪定でお邪魔しましたが、今回は松の剪定です。

剪定前

門かぶりの松

剪定後

こちらは朝から剪定しだして10時頃に完了。

 

剪定後

景石と絡んで植えられた松。

こちらは30分くらいで完了。

 

剪定前

南の庭にある芯松。

剪定後

昼前から剪定しだして、15時過ぎに剪定完了。

 

剪定前

最後は五葉松。

剪定後

5時までには終わらなかったので、次の日まで掛かってしまいました。

 

この時期は松の剪定が続きます。

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。