こんばんは

久しぶりの投稿になってしまった、大和屋 伊藤です…

だんだんと梅雨入りの匂いがする今日この頃

毎日、北へ南へ、右往左往、しています

 

そんな最中、前々回の続きを書いていきたいと思います

 

先日ペンキを塗った材木を組み上げていきます

塗装済み材木

 

まずは、切り出し加工から始めます

切り出し加工

自由な寸法で施工できる現場

総延長の決まった現場

その都度、現場に合わせて寸法は違うので、ミリ単位の計算をして切り出していきます

 

組み立て

切り出しの次は組み立てです

今回は設置長さが決まった腰壁の上に、縦格子フェンスを作っていきます

正面から見た時に、フェンスだけが見えるようにしたいので一手間加えての施工です

 

木フェンス 1枚目

このフェンスを4セット作って柱に組み込みます

 

完成です

出来上がりです!

 

柱が正面にはこないので、すっきりした印象になりますね

正しい組み方と材木を使えば、木製のフェンスも長持ちさせることが可能です

『木製=すぐ腐る』

そんなイメージを払拭していけたらなと、思います

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。