フヨウ

「フヨウ」

田圃脇のあぜ道で綺麗に咲いてました

もともと日本に自生する原種だと思います

夏から秋口にかけて花が長く咲き続けてくれます

 

園芸品種だと、「スイフヨウ(酔芙蓉)」が有名ですよね

朝は白花で、夕方になるにつれてピンク色に変わっていく品種です

 

庭に植える際は、横に広がって伸びるので、隣り合う木との間隔を広めにとってあげてくださいね

 

 

では、今日の本題へと…

一回あいだが空いてしまいましたが、「アルミ製木目調フェンス」の施工です

 

まずコンクリートをハツって土を掘っていきます

掘り方後

 

フェンス柱用掘り方

穴の深さは800mmあります

今回はいつも施工する時より、穴を深めに設定してあります

 

境界に近い箇所にフェンスを施工するため、

柱をコンクリートで四方向を固めることが出来ないので、

柱に倒れ止め用の補強を施して、柱の土中部分の深さで強度を持たせます

1,800mmのフェンスなので、これくらい深く掘らないといけませんね!

横に写っているコンパネは、コンクリートを流し込んだ時にコンクリートが越境しない為に入れておきます

 

 

柱 仮固定

柱の立て起こしを確認して、クランプで仮固定をして、コンクリートで根巻きをしていきます

ここの作業で、水平器と板材でしっかり確認するのが肝です!

じゃないと後で大変な思いします

何度も水平器で確認をしてコンクリートで固定します

柱 固定後

 

コンクリートがしっかり硬化したら板材を打ち付けていきます

板材打ち付け中

一枚ずつクランプで仮固定をして、板の端をタッピングビスで打ち付けていきます

 

横板 垂れ修正

一旦、横板を端だけビスで固定したら水平の確認をしていきます

横板の長さが4mあるので、端と端を固定すると真ん中のあたりが垂れてくることがあるので、

水平器とスケールで、水平と間隔を合わせて、もう一度クランプで仮固定します

 

仮固定が済んだら、ビスを全て打ち込んでいきます

タッピングビスを打ち込む際に、インパクトドライバーを使用しますが、

打ち込み過ぎると、アルミ材が凹みます!

要注意です!

最近のインパクトドライバーは、タッピングビス用の切り替えが付いているので安心ですね

 

 

アルミフェンス完成

横板を打ち付けて、端部にキャップを接着剤で固定します

最後にコンクリートの表層を、コンクリート打設して、仕上りです!

横板が10mm厚なので、仕上がりがかなりスッキリした印象です

木製フェンスだと、経年劣化の痩せなどもあるので、大和屋では10mm材は普段使用しません

強度面で不安が残ってしまいますからね

 

アルミ製木目調フェンスだと、木製フェンスより

・部材点数が少なくて済む

・材の狂いがない

・細めの材料も使用できる

などなど…

シャープなイメージの、「木フェンス?」の施工が可能です

色も、かなり幅広く設定があるので、建物との取り合いも問題なく取れますよ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。