やってしまいました…

財布をなくしてしまいました…

 

ガソリンスタンドで給油する時に財布からカードを出したところまでは覚えているのですが…

慌ててダンプと軽トラの車内も探しましたが無い!

ガソリンスタンドに電話しても無い!

 

最後にダメ元で警察に電話しました。

警察の方に財布を無くした旨を伝えたら

 

警察  「名前を教えてください」

大和屋 「伊藤公聰です」

警察  「漢字で教えてください」

大和屋 「藤の字の”伊藤”で、公園の”公”で、寺尾聰の”聰”です」

警察  「寺尾聰?書き方は?」

大和屋 「右側に ”耳” 書いて、左側にカタカナの ”ノ” 書いて、”口” 書いて、口の中に ”夕”、書いてその下に ”心” です」

警察  「???」

 

この「聰」の漢字…

電話口で相手に伝えるのがすごく大変なんです。

寺尾聰、倉本聰の「聰」です。

この漢字を使った有名人が渋すぎるのか、最近の若い方に伝わりが悪いんです。

 

結果、財布は警察に届いていたんですが、名前の漢字を相手にどう伝えたらいいのか困っています。

どなたかいい案があったら大和屋までお教えください。

 

 

 

ではでは、

剪定前

いつもお世話になっているお客さんのところで夏の剪定です。

例年は年一の冬の時期に手入れだったのですが、今回は夏にもして欲しいとのご依頼です。

 

夏に剪定するメリットは

・病害虫が付きにくくなる

・ツツジ類、梅などの花つきを良くできる

などなど

 

夏にハサミを入れるのを嫌がる植物もありますので、その辺は考えた上で剪定していきます。

 

剪定中

一番大きい木「ヤマモモ」はちょっと弱っていたのであまり深くハサミを入れませんでした。

あまり葉数を少なくしてしまうと、幹が太陽光で火傷を起こして幹割れを起こしてしまいます。

 

剪定後

カシ類や金木犀などにもハサミを入れて完成です。

 

自分の名前に関してが長くなってしまいました…

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。