鋤取り

下水切替に伴う補修です。

埋め戻しされている土を鋤取り、コンクリート下地まで掘り下げます。

今回はレンガタイルでの仕上げなので、仕上がり天端から120mm下げたところが下地天です。

 

鋤取り完了

鋤取りが終わったら下水の最終枡を仕上がり高さに切ります。

 

初日は鋤取りまでを午前中に済ませ、午後から自分は市役所で行われる会議へ。

岩倉市を魅力ある市にする会議とでも言いましょうか。

大学の教授、コンサルティング、金融機関、教育、商工業…

などなど、各業界の代表者が集まり会議が行われました。

自分は言わずもがな商工業の括りです。

僭越ながら商工会青年部の部長をさせて頂いてるんで。

ありがたい事です。

 

翌日はコンクリート打設です。

打設は自分一人で行ったのでもう大変でした。

カラ練りコンクリート(水気のほとんど入っていないコンクリート)を積んできて、自分で水を足して練って、運んで均す!

何とか午前中で終わり練り樽を洗っていたら、穴を発見。

独立してから10年近く酷使してきたのでそれくらい空きますねw

 

そんな時は頼れる幼馴染みのブレイズ君のもとへ

練りタル溶接

取手の穴は溶接で埋まりましたが、樽の底の穴はメッキが掛かっていて溶接不可…

仕方ないのでエポキシパテで埋めて補修完了!

後5年もってくれたら嬉しいな〜

 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。