先輩の実家の外構工事。

家に住んでいる状態での外構リフォームなので、お客さんの車が止めれる状況を常に作りながら工事を進めていきます。

西側の工事を済ませ、西側に車を止められ流ようになったので

土間

次は東側の工事にかかります。

 

東側の隣地境界ブロックも…

何十年も前に施工されていたブロックでして、あまりよくない状況した。

このままではいけないので、西側と同様新たに積み直していきます。

掘り方

ブロックは解体済みなので、丁張りを済ましたら鋤取り土工をします。

カーポートの根巻きコンクリートが思いの外脆弱な感じです…

コンクリートブロックベースと一体化させて、強度を持たせたいと思います。

なのでブロックの積み高3段にしては大きめのベース幅を取ります。

 

掘り方

重機が入らない狭さだったので一人で手掘りで掘り終えました。

さすがに1.5㎥手掘りは疲れますね。

 

配筋

そのあとは型枠組と配筋。

 

からの

ベース打設

ベースコンクリート打設。

これも0.6㎥の空練り生コンでの打設でして…

流石に応えました…

休みたい!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。