アプローチのインターロッキングが一部落ち込んでしまったので補修にお邪魔しました。

写真だと芝生が覆いかぶさっている三角の部分です。

 

一旦芝生を取り除いてみると

確かに下がってますね。

 

インターロッキングを外して、

下地を確認したところ、盤全体が下がってるのが分かりました。

結構大きめの排水溝が目の前にあるので、土が流出したのではと、お客さんは思われていましたが違ったので一先ず安心です。

下がった理由がおそらく敷地内で一番GLの低い場所だったからかと。

もともとの下地が砕石下地。

今回の補修はバサを使って下地を強化しようと思います。

 

鋤取り後に

 

バサで下地を作り、その上にクッション層の砂を敷いて

インターロッキングを入れていきます。

 

仕上げに

珪砂を目地に入れてインターロッキングの補修は完了です。

 

それと土留の石積みがいくつか外れていたので、こちらも補修をかけました。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。