こんばんは。

 

ブログ更新がご無沙汰しております…

今日こそは、ちゃんと書きますのでご了承ください!

 

 

今日は、年間管理で入っているお寺の剪定です。

お寺は宗派にもよりますが、年に何度か行事がありますよね。

今回はそんな行事前のお庭手入れです。

 

今回は時期的にはギリギリになってしまいましたが、

針葉樹」の木を主に剪定しました。

 

「スイリュウヒバ」

スイリュウヒバ剪定前

スイリュウヒバ

剪定前の写真です。

 

こちらのお庭は数年前からお邪魔していて、それまでは全体的に枝葉を濃く残す剪定されていたみたいでした。

大和屋の剪定は、「なるべく自然に近い樹形を保ちつつ、樹木の成長を抑える」をモットーにしています。

その為には枝葉を可能な限り薄くしなくていけません。

つまり、光合成を人間の手で調整するんですね。

 

スイリュウヒバ剪定中

スイリュウヒバ

木の高さが、8m以上あるので脚立では届きません。

なので登ります!

基本的に高所恐怖症ですが、登ります…

結構揺れました…

 

上から順番に剪定していき、脚立が届く高さ(5m位)になったら脚立も併用して剪定していきます。

スイリュウヒバ剪定中

スイリュウヒバ

↑ だいぶ透けてきましたね

この作業をひたすら続けていきます。

 

スイリュウヒバ剪定後

スイリュウヒバ

完成!!

 

最初の写真と見比べると、幹から枝の先までよく見えますよね。

かなり明るくなったのが分かりますね。

剪定」はただ枝を切る作業ではないんです。

姿形を美しくし、成長を調整する作業なんです。

木が本来持っている美しさを引き出す作業ですね。

 

年々お庭が良くなってきたと、お客様に言って頂けるのが何よりも幸せです ♪


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。